「ほっ」と。キャンペーン
変身?! ~前編~
a0048423_956269.jpg以前からやってみたいと思っていたこと。
それはヘアメイクもきちんとしてもらい、中国の伝統的な衣装を着、写真を撮ってもらうことでした。
( ※ 写真は、西安の城壁の上で撮った写真です。(^。^;)こんなイメージかな?→)

でも通訳の人無しではさすがに行くことは出来ません。
知り合いは、日曜日でも仕事をしているような人達なので、私のお遊びに付き合って欲しいとも言えず、諦めかけていました。
それが久しぶりに知り合いの学生と会う機会があり、付き添いを頼んでみました。
すぐに電話でお店を探してくれ、その連絡を受け、おととい(12/2)そのお店に行ってみました。
良さそうやったら予約して・・・位の気持ちだったのですが、値段交渉等もまとまり、今からでも・・・とゆうので、心の準備もないままレッツチャレンジ!です。(^。^;)ドキドキ…

a0048423_9572815.jpgまずは衣装選びです。
これ着るの?とゆう位の派手派手さで、種類が多くてすぐには決まりません。
1着はとゆう希望位で、あとはお店の人の勧めるモノな適当に・・・。(^。^;)分からへんし…

衣装を着たら、メイクです。(^。^;)下はジーンズとスニーカーなんやけど…
まず始めたのが“二重まぶた作り”です。(・・;)えっ?!
一応、私は二重なのですが(最近は奥二重気味ですが…)、もっとくっきり二重にする為、テープで何度も何度も微調整し、なんだか人工的な二重の出来あがりです。
それからは、これでもかー!これでもかーっ!と塗る塗る・・・。(^。^;)やりすぎやって・・・
眉毛もくっきり、つけまつげも付けられ、目の辺りはゴワゴワ状態。(・・;)
アイラインも太く書けば、人工的だった二重が、なんとなく馴染んで見えるのが不思議。
口紅もベッタリ塗れば、もう私は誰?状態。

次は衣装に合わせたヘアです。
唐の時代の衣装を選んだのですが、その時代のヘアを作ってくれます。
私のようなギザギザヘアもうまくまとめ、部分カツラやつけ毛もたくさん使い、ボリュームのあるヘアに完成。
このボリュームに負けない位のカンザシや髪飾を大量に挿され、ブラブライヤリングをつければ、衣装も頭も馴染んどる~?って感じです(^。^;)近くで見ると怖い…

ここまででも十分疲れたのですが、これ以上に大変だったのが写真撮影
次から次へと、ウチワ、扇子、時には楽器等、小道具を持たされ、手の位置、持ち方、首の傾け方、目線等々細かく指示されます。(・・;)えっ?!えっ?!えっ?!
そして最後は「もっと笑って!」です。(^。^;)目が笑ってへんし…
バックスクリーンも3回程変え、1つの衣装で10数枚は撮ったと思います。
ここで非常に気になったのが私のです。
カサカサの手短い爪は、この格好には全然合いません!(-_-;)せめてマニキュア位しとけば…

撮影が終われば衣装を変え、またそれに合わせたヘアメイクです。
ベースは出来ているので、つけ毛の一部を取ったり違うモノをつけたりと髪飾りも全て変わります。
メイクはアイシャドーと口紅の色を衣装の色に合わせて変え・・・。
今度は手際よく終わり、ハイ、次は撮影・・・の繰り返し。(^。^;)披露宴のお色直しみたい…

次の撮影では、最初の硬さは取れ、(作り)笑顔も自然に出来るようになって来たのですが、今度は笑いすぎだと言うのです。(-"-;)はぁ~っ!!
2着目は唐の時代の女帝が着ていた衣装(イメージ)。
その人は歯を見せて笑わなかったとゆうのです。(-_-;)あ、そう…
まぁ~こんな感じで、はよ終わって~!と思いながら、3着の衣装の撮影は終了しました。

時計を見れば3時・・・。打ち合わせの時間も入れると、なんと5時間近くもかかりました。
休憩もせず、お昼ご飯も食べていません。 (-_-;)しんど…
今までアメリカやバリ島等、結構色々やって来たのですが、こんなに時間がかかって大変だったのは初めてでした。

そしてこれでは終わりません。
今日の午後には、出来上がった写真を見に行き、その中で好きな写真を選んでから、製本となるらしいです。(^。^;)ここまでせんでもええんやけど…
出来上がるのは、旅行から帰ってからとなるのですが、一体どんな風になるのか・・・。
今日の写真選びでなんとなく雰囲気は分かると思うので、少しだけ楽しみにしています。

まだまだ続きそうなので、とりあえず今日は~前編~とゆうことで・・・。


【 おまけ写真 】

市内にある婚礼写真等を扱うお店です。
a0048423_1112522.jpg

[PR]
by china-weihai | 2006-12-04 11:10 | ♪ お店紹介


<< 無事に帰って参りました~♪ またまた旅に出ます! >>