参加したツアー
今日もまた“西安の旅”の続きとなります。
兵馬俑を見に行くのに、ツアーに申し込んだと言いましたが、どんなツアーだったかのお話です。

ホテルを朝8時20分に出発。
ついてくれた日本語ガイドさんは、化粧っけのない若い女の人でした。
1時間程で博物館に到着し、お土産の買い物を含めて2時間近くいました。
その模様はこちら。→秦俑博物館 (秦始皇帝兵馬俑博物館) ~前編後編

次に向かったのが、『華清池』です。
ここは温泉地(←2700年前に発見)で、玄宗皇帝が楊貴妃(719~756年)と共に過ごした冬の離宮として有名です。
そして西安事変(1936年)が起きた場所でもあります。
a0048423_11515414.jpg

a0048423_11553114.jpg楊貴妃の像を見て、「昔はこうゆう顔がべっぴんやったんやな~」とダンナ。
「少なくとも私よりは胸でかいで~」と嫁。

a0048423_1204590.jpg











2人が過ごしたとゆう宮殿式の湯殿もそのまま残されています。(^。^;)なんか変な感じ…
ここで気になったのが、やたらと中国人の団体が多いとゆうこと。(^。^;)たまたまかも分かりませんが…
ガイドさんが大きな声で、しかもスピーカーを通して説明しているので、私達のガイドさんの話しが全く聞こえません!(-"-;)うるっさいなぁ~!!

a0048423_12173643.jpg源泉では、ゴシゴシと顔を洗うおっちゃんを発見!(・・;)えぇーっ?!
綺麗になるお湯”だと聞き、ちょっとだけ納得。
ペットボトル(500ml)にお湯を入れている人もいました。

個人的にはここはあまり興味がなかったので、次は昼食です。
ツアー参加者計6名での食事となりました。(^。^;)ガイド、運転手さんは別でした
一緒に参加したのは、50代後半位の仲の良いご夫婦2組。
知らない人と・・・とゆうツアーが今回初めてだった私達は、どんな人と・・・とちょっとだけ心配していたのです。
そんな心配全く不要とゆう、とても感じのいい方達でした。

a0048423_14433531.jpgここでは運転手さんが買ってくれたとゆうも一緒に出されました。
西安はザクロが名物だそうです。
一見、大きめのミニトマト?と間違えそうです。
実はとても軟らかくて手で簡単に皮がむけ、味は干し柿のような甘味がありました。
ザクロも1組1個づつもらえ、今度はその大きさに驚きました。(^。^;)でか…

料理は家庭料理だと聞き、少しだけ期待したのですが、別に普通で食べやすかったです。
a0048423_1437469.jpg
後で聞いてみたら、日本人向き薄味にしてあるそうです。(^。^;)やっぱり…

a0048423_1513337.jpg後半、“龍のヒゲ”とゆうお菓子が登場!→
手に取るとポロポロと崩れそうな繊細さで、口の中で溶けます。
「ミルキーのような味」だとゆう方が・・・。

次は、ツアーでお決まりのお土産屋さんです。
当然勧めてくる言葉は日本語
一瞬、一桁読み間違えそうな位の値段の高さに、全く関係なし!とゆう態度の私。

a0048423_15272999.jpg
←そんななか、唯一熱心に見させてもらったのがここです。
細かい作業でしたよ~。
言葉が出来たら、色々と質問したかったのですが・・・。

この後、他の方は歴史博物館で下車(←1日コースなので…)、私達はホテルまで・・・。
到着は3時過ぎだったでしょうか?
このツアーの料金は600元(9,000円)。
博物館の入館料が90元、華清池が70元、高速代、昼食代、タクシーだと片道200元位って言ってたし、日本語ガイド・・・と、色々と計算しまいました。
でも日本人向けとゆうだけあって、安心というのが一番大きかったかも分かりません。

この後、ろくに休憩もせずに西安城墻で自転車でぜぇぜぇ、夜は夜で美味しいモノを探してウロウロと、まだまだ西安レポートは続きます
気長におつきあいして下さいませ。(^ .^)よろしくぅ~♡
[PR]
by china-weihai | 2006-11-20 15:46 | ♪ 国内旅行・おでかけ


<< 西安の名物料理 ~色々編~ まさに日本の味! >>