中国式餃子の作り方
毎日のんびりさせてもらっている嫁ですが、昨日は1日中バタバタしておりました。
ダンナが出張で留守なので、朝から出勤(?)し、親睦会の事務仕事をして外出。
事務所に帰ったらメールの送受信が出来ず、かなりイライラ・・・。(-"-;)今日中にやりたいのにー!!

・・・とまるで仕事が忙しかったようですね。いいえ、違います!
昨日は、私が前からずーっと思っていた『餃子の作り方』を教えてもらいに行ってました。
先生は新婚ほやほやのTさん。(←只今料理の勉強中。)
私は“マイめん棒”を購入し、エプロン持参でやる気満々です。p(^^)q

a0048423_7305290.jpg新婚さんのお宅らしく、玄関扉や部屋の中にも“”が2つ並んだ字が貼ってあるし、入口を入ると、目の前にはバァーン!!とでっかいパネル・・・。→
写真も飾ってあるし、寝室にもやっぱりパネルが掛けてありました。(^。^;)私が恥かしなってくるし…
これは中国では普通のことのようです。
(^。^;)アルバムも凄かった…

見せてもらうのもそこそこに、まずは“餃子づくり”です。
具はたっぷりのニラとほんの少しの白菜。それとキクラゲ、海老、赤身の豚肉(醤油で下味)です。
切り方は割りと大きめでしょうか。

a0048423_740151.jpg粉は実家から持って来た自家製だそうです。↓

a0048423_7444018.jpg








a0048423_7525192.jpg
そこへ塩水と卵1個を入れ、手で混ぜます。
ちなみに量は全て目分量です。(^。^;)これがむずしい
硬さは麺の生地よりは軟らかめだそうです。(^。^;)全然分からんし…
ボールに蓋をし、10~15分位寝かます。

a0048423_10294732.jpg

先程の“”になる具材を全部入れ、そこへかなり多めのピーナッツ油(←ここでは一般的な油)、少し多めの醤油、そこそこの量の味の素(←中国料理には欠かせない?)、塩少々を入れます。
(^。^;)分量は私の感覚…
そしてお箸で混ぜ混ぜ・・・。


a0048423_10334174.jpg←寝かせた生地の4分の1位?を取り出し、粉を振った上で捏ねます。
その半分づつを、手でコロコロと・・・。↓

a0048423_10362526.jpg






a0048423_1037508.jpg



←包丁で小さく切り、それを手のひらで軽く押さえて丸くします。

さぁ!ここからが見せ技?!(^.^)b
めん棒で下から上へ転がし、左手で生地を回転させながら丸くのばします。
真ん中が少し厚くなる位がいいんですって。
a0048423_10431933.jpg
もちろん私もチャレンジっ!!
めん棒はまん中の手前位で止め、それで回転させていくとよさそうです。
すぐ棒に生地がくっついてくるんで、粉をつけながら・・・。

皮が出来たら餡を包みます。
餡をスプーンで皮の上に乗せ、半分に折ります。
まずは一番上(真ん中)をぎゅ!と押され、左の親指で左半分をぎゅ!

a0048423_10563052.jpg右手で左手を包むようにしてまたぎゅ!

a0048423_10574651.jpg








できあがりっ♪ \(^O^)/私もやりたーい!

a0048423_10591111.jpgこうやって、こうやって、ん?ん?(・_・?)
「手に皮がくっついたってー!」
粉を手につけて・・・、ん?
「全然出来やんてー!!」
「形むちゃくちゃ変やってー!!」 (・・;)
生地が少し軟らかかったようですが・・・。
(^。^;)言い訳

これは慣れ!とチャレンジしてみるもうまく出来ず、「もぉー!」と“日本式包み”でやりだす始末。

a0048423_11125856.jpg( 写真手前が失敗作。奥が日本式?→ )

生地は残ってしまいましたが、70~80個位は出来たでしょうか。(^。^;)ほとんど彼女が作ってくれましたが…

最後の仕上げは、茹で作業です。
沸騰したたっぷりのお湯の中に餃子を入れま~す。

a0048423_11261414.jpg








グラグラ煮えたて来たらさし水を・・・。

中まで火が通ったら、“中国式餃子”の出来上がり♪\(^O^)/わぁ~いっ
a0048423_11321570.jpg
出来立てが一番美味しいから・・・と、立ったままハフハフしながらパクリ♪
おいっしぃぃ~~♪♪ (゜o゜)ビックリ!!
中国で食べた餃子の中で1番でした。

実は彼女、全部自分で作るのはまだ数回なのだそうです。
先日皆で餃子を作ったとき、餃子の包み方が下手でお姑さんにひと事言われたそうです。
それでお母さんに餃子の作り方を教えてもらったとか。
結婚する前、お姑さんから棒(プロが使うもの)を贈られたとゆうのもちょっとビックリ!

まだ冷蔵庫を買っていないと聞いていたので、それならば!と、クーラーバックに保冷材と缶ビール持参と、我ながら用意周到?(^^)v
でも彼女は、わざわざ近所の会社かどこかに、ビールを冷やして欲しいと入れてもらってあったのです。(T_T)嬉しいぞー!!
その優しさと気遣いに感動しました!

水餃子に冷えたビール!とゆうむちゃくちゃ嬉しい組み合わせで、ふたり楽しくお昼を過ごしました。(´。`)ええわ~

a0048423_11541430.jpg他にも色んな料理を作ってくれました。
話しに聞いていた“砂糖かけトマト”も今回初めて食べました。

餃子を食べながら感じたのですが、私が包んだ日本式包みより、ひらひらがついたこっちの餃子の方がずっと美味しかったです。(^。^;)出来るようにならな…
餡は醤油味がしっかり付いていたので、何もつけずに頂きました。

この餃子の作り方を忘れないうちに!とブログにまとめ、日本に帰るまでに1度チャレンジしたいと思っています。
日本からお客さんが来ているので外食つづきになるのですが、でも大丈夫!
冷凍しておき、(私が留守の間の)ダンナの1品にしてもらうつもりです。
まっ、成功したらの話ですが・・・。(^。^;)ちょっと自信なし…

餃子を作れるようになったら、中国に来て良かったことのひとつになるので頑張って練習したいと思っています。 p(^^)q
[PR]
by china-weihai | 2006-05-26 12:41 |  ・ 作ってみました


<< 薔薇はまだまだこれから・・・ ♪ シャウトするのがエクスタ~... >>